パン焼きとまと with twins

tomanasu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

モジモジちゃん

先週は、私の姉その1(三人姉妹です)が仙台から子供と一緒に遊びにきてくれました。
8ヶ月くらい?の男の子を連れて来たのですが人見知り真っ盛りで、ママの顔が見えなくなると大泣き!
最近はベビ太郎のフギャフギャ泣き声しか聞いていなかったもので、もうちょっと大きい赤ちゃんの泣きっぷりに子供たちは驚いておりました。
そして午後のお昼寝はいつも通りに一時間半くらい寝たのに、ゆずねーがおやつを食べたらラグの上に横たわり、また寝てしまったのです!
調子が悪いのかとビックリしたのですが、単純にものすごく疲れただけみたい。
子供なりに気疲れしたのでしょうね(笑)

そして土曜日には姉その2が遊びにきてくれました。
こちらの姉は奈良にも手伝いに来てくれたりしたので子供たちは大はしゃぎ♪
私も楽しく過ごしました☆


…そんな週末をすごしましたが、ベビ太郎氏はマイペースに飲んではよく寝ております。
少しずつ肌にも張りがでてきてムチムチ赤ちゃんに近づいてるかな~?


さて、赤ちゃんがえりモードのゆずねーでしたが(いちごねーは相変わらず飄々とすごしてます)、ここ数日は少し落ち着いてきました。
だいぶ赤ちゃんのいる状況に慣れてきたかな。
しかし、ゆるーいトイレトレーニング中なのですが、そちらに異変が!
おしっこが出ると内股でモジモジモジモジして、ものすごく困った顔をして「おしっこが~。おしっこが~」と言うようになりました。
いや、まだ全然関係ない時にも言うときもあるんですが(笑)
お風呂上がりにモジモジちゃんになったので、トイレのドアをあけたら走って入り、座らせてあげたら10秒くらいで「出ないねぇ(ニヤニヤ)」って… おーーい(笑)
さっきのモジモジちゃんは演技かい! 女優になれるよ(いや、女優はそんな演技しないか)

夏本番になったら一気にパンツマン目指します!
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-30 11:10 | モブログJapan

赤ちゃんがえりモード

タイトルの内容はさておき…。
マ、マ、マ、マイケルジャクソン、亡くなってしまったの?!
かなりビックリです。
学生時代、マイケルの曲で踊ったこともあるし、CDも持っているので(懐かしい~)衝撃的!
鎮痛剤の飲み過ぎによる副作用で心臓が悪くなっていた?と、めざましTVで言ってましたが、本当ならば整形しすぎで?!
才能ある人が早く亡くなるのは切ないですね。
真相はまだ分かりませんが。


さて。
タイトルの内容に。
ベビ太郎(仮)が生まれてまず最初に赤ちゃんがえりモードになったのはいちごねーです。
抱っこ虫になりました。
…で、いちごねーがだいぶおさまってきた?と思ったら今度はゆずねーです。
最初はやっぱり抱っこ攻撃。
ばあちゃんが何をしていても「抱っこー! 抱っこー!」とつきまといます。
なぜか私には来ないんです。多分、産前の抱っこできない状況のままだと思ってるのでしょうね。
それから、お風呂に入るときには「(服を)脱ぎたくない!」と宣言。
オムツがえも「したくない。」
ウンチが出ているときなどはばあちゃんが困って私の部屋に連れてきます。
私の所に来ると途端にゴローンしてオムツがえさせてくれます。
ついでに「どうしていやだったの?」と聞くと「ばあちゃん 嫌。」って……… ヒーッ!(私の心の叫び)

おそらく、私のいる部屋では赤ちゃんが私にオムツがえしてもらっているのだから私もそれがいい という自己主張なのでしょうね。
気持ち、分かるよ~。
きちんと自分の主張を言葉で言えるようになってきている成長ぶりに感動しつつ、ばあちゃんを手こずらせてゴメン!ってとこです。ま、ばあちゃんも状況は十分に分かってくれてますけれどね。

一方、私の部屋に来た時は二人ともかなりお手伝いしてくれます。
ベビ太郎のオムツがえの時はオムツを開いてくれる人とお尻ふきを取ってくれる人がおります。
ベビ太郎が目覚めてフニャフニャ言っている時はベッドの方にかけていって「起きたよー」と報告してくれたり「寝ちゃったー」「泣いてるよ!」など教えてくれます。
ソファーで授乳しているときは二人とも両脇で見守ってくれてます。(授乳しながらギャラリーの身の安全を守るのも一苦労ですが。夢中になると立ち上がったり乗り出したりするもので)
やっぱり二人にとってはお母さんの存在が大きいのでしょうね。
私ももっと二人と一緒にいたいけれど、まだたまに貧血っぽい症状になったりするので、あと一週間は自分の体を回復することに努めたいと思います。


しかし夜寝る前にゆずねーと話していたら
私「しまじろうのお砂場セットが来たね。明日ばあちゃんと公園で遊んでおいで」
ゆずねー「お母さんも。 一緒に。お手て。つないで。」
と言うものだから、涙が溢れてしまいました。
あーーん、ゆずねー、いっぱい我慢してるんだよね~~(涙)
しかも私が泣いてるのを見て、
ゆずねー「お母さん。泣いちゃった。ゆず、ドーン 乗っかったから…」
なんて言うからますます泣けてきちゃいました。
違うよ~、違うんだよ~~、ゆずねーごめんね~~~(号泣)
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-26 10:05 | モブログJapan

生んだ日アレコレ

出産にまつわるエピソードって本当に人それぞれで、誰一人として同じってことはないですよね。
自分の記録用に書いておこうと思います。(携帯からポチポチっとな…)
後半、リアルな感じですのでグロいの苦手な方はスルーしてください。よろしく。

今回は上の子供たちがいるので、夜中に破水や陣痛が来たらどうしようと思い、その時は近所の方や義母にヘルプに来てもらう手配をしていました。
しかし、幸い朝からお腹の張りが定期的にきていたので(12分間隔くらい)、昼食後に病院へ。この時点で母に入院荷物とベビーカーをタクシーに乗せてもらい、母+子供たち+私でドヤドヤと病院入りしました。
外来でモニターをつけてもらうと10分間隔に近い ということで、上の子もいるし出直すのは大変なので入院させてくださいと頼み、陣痛室へ。
これが夕方でした。
まだ陣痛時の痛みが生理痛程度だったので夕飯も食べる。
母&子供たちと入れ替えで義母が来てくれ、時間が早く過ぎました。感謝!
そして朝に連絡しておいた夫が仕事を変わってもらって静岡から到着し義母と入れ替わる。夜8時位。
その頃から痛みが強くなってきたので「フゥ~~~ッ フゥ~~~~ッ」と息をはいてしのぐ。
夫が腰をさすってくれようとしたけれど、体が揺れてかえってしんどいよ とか言いつつしのぐ。
まだ一人でもしのげそうだったので眠そうな夫に「今のうちに寝てていいよ」と言って一人でたえる。
なんかお腹よりお尻の骨?が痛い感じ。たまにお尻のツボ押しをしてもらってみる。
隣のベッドに来た妊婦さんが「ウンコ出るぅ!」と叫ぶものだから夫と二人で爆笑しそうになったり(笑)
潮の満ちひきと出産も関係あるのかね?と合間に夫と話す。
干潮が夜中2時位だからその頃かね? なんて笑っていた。
…で、その2時にはまだ陣痛室にいたが、その頃を境に異常にお腹の痛さが変化してのたうち回るっ!
やはり潮の満ちひきと関係しているに違いないっ。
合間に「ヒッヒッフー」っていつするの??などと考えるがとりあえず息をはくことに専念。
痛すぎて足がブルブルしましたよ。
で、いきみたい感じというのが感じられるようになってきたので(先ほどの隣の妊婦さんの気持ちが少し分かった(笑))助産師さんに言って内診してもらうとすでに子宮口が10cm開いてました。

陣痛の合間に小走りで分娩室に移動! その間隔が短いので途中で陣痛が来ないように一気に前進した感じで。
分娩台に登ってからは「いきんでいいよ~」と言われるが、あまりいきみすぎると裂けそうで怖くて控えめに。
でもそのうち控えめにしてたんじゃいつまでたっても生めないことに気がつき、できるかぎりいきむっ!
私はジェットコースターが大の苦手だが、イメージとしては富士急ハイランドのフジヤマ(もちろん乗ったことありません)の下り坂でハラに力入れる感じで。
途中汗がダラダラ出てきて助産師さんが持って来てくれた冷たいタオルを陣痛の合間ごとに夫に差し出してもらう。
餅つきする人と餅をひっくり返す人みたいなタイミングで!
いきむ時は夫に枕ごと頭を上げてもらって自分のおへそを見るようなイメージで。

いつまでたっても破水しない。
いきむたびに赤ちゃんの頭がグニーと出かけているのが分かるが、一回の陣痛でいきめるのは二回位。いきんでいる間には頭が出かけてるのに休んでいる間にまたひっこんでしまう感じ。
これは一気に出してしまわねば!と気がつく。
もう裂けても何でも出してしまわねばぁぁぁぁ!

次第に陣痛の合間に眠くなって寝てしまいそうになった。その時は夜中だし…と思ったが、今思うと酸欠状態だった? 鼻から酸素を入れてもらいソヨソヨと休憩。キタキタキタァ!の繰り返し。
いい加減出してしまわねば!と再び心に決めていきむっ!
結局破水せず、膜を破ってもらう。
そしてまたいきむっ!!


パーーーーンッ(クラッカーを鳴らしたような音)


という派手な音がして頭が出た。
私は「今の音、何?? もう生まれたの?」とハテハテ??していたら「もう一回頑張って」と言われて「あ、まだなのね」と思いもう一度軽めにいきんだらニュルーンと生まれました。

午前3時44分。ベビ太郎(仮)誕生。


すぐに私の胸の上に乗せてくれ、ベビ太郎は目を開けてキョロキョロ。本当に「ん?ここどこ??」って感じでキョロキョロしてました。
最近は赤ちゃんの体温低下を防ぐため、産湯っていれないんですね~。病院の方針によるんでしょうけど。頭ベトベトのままでちょっとかわいそうな感じでしたけど(笑)
そうやって赤ちゃんかわいいね~とか言っている間に避けたところと切開したところを縫ってもらう。
あれって生んで安心してホェ~~としている身にはかなり唐突な痛さですよね?
「いたたたた!」と跳び跳ねてしまいました。夫もあれが一番痛そうだったと言われたが、生む痛さとは全く別種の痛さなんです!
くぅ~~っ。

その後、そのままベビ太郎は計測などをしてもらい、彼のベッドに寝かされて分娩室でずっと共に過ごしました。
そして私と夫もうとうと。
で、6時くらいになってトイレに行ってみましょうと言われて、はーいと座った途端にキーーンと貧血の予感!
血圧をはかってもらうと異様に低い。
再び寝転がる。

それから三回チャレンジしたが、座るだけでダメ。血圧も低いし脈もお腹の中の赤ちゃん並に速いということでしばらくは諦める。
夫に甘いものやサンドイッチを買ってきてもらい、寝転がったままモリモリ食べたら少し力が湧いてきた。な~んだ、お腹がすいていただけか(笑)
結局、昼頃にやっと起き上がりトイレに行き、病棟まで車椅子で連れていってもらったのでした。

めでたし めでたし。(ま、その後に傷の痛みとお尻の痛みに悩まされるんですが、その辺は皆さんと同じですね、おそらく。)


今回普通分娩にチャレンジして、無事に生めたことは本当に貴重な経験になりました。
特に帝王切開も普通分娩も両方体験できたのはいい人生経験だったなと思えます。
どちらも痛い。というのが率直な感想ですが…。
やはり帝王切開は傷を気にせずに生活できるようになるのは一年近くかかったので、産後のことを考えたらやはり普通分娩がいいと感じました。やっぱりそれが自然の姿ですからね!

しかし、母親になった人は皆こんな痛みに耐えてきたのかぁ。
なんだか先祖にまで感謝したい気分です。
そしてこんな思いを三回もして私を生んでくれた母に改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

母は強し ですね。

私も愛しい我が子を抱くと強くなれる気がします。
命をかけて守ります!

夫へ。
立ち会い出産できて本当に良かった。
この経験を共有できたことは一生の宝物です。
息子に素敵な名前をありがとう(結局、夫が考えた名前をつけました)
息子に素敵な父親の後ろ姿を見せてあげられるように生きるんだぞ!

自分へ
頑張ったな。
子育て楽しむのだよ。
いつでもあなたを支えてくれる人がたくさんいることを忘れずに。

ベビ太郎へ
お疲れ様。一緒に頑張ったね。
とにかく元気に大きくなってほしい。それだけです。

いちごねーとゆずねーへ
これから五人家族だよ!
落ち着いたらお弁当持って皆で動物園に行きましょう。
ベビ太郎がいても「いちご、1番!」「 ゆず、1番!」 ですからね~♪
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-23 18:53 | モブログJapan

貯蔵タンク

退院後、自分のお腹を見てみたら、まあなんとなくもとの感じ(もちろんまだ皮は縮んでません!)に見えるので、妊娠前にはいていたハーフパンツ、いけるかな?とはいてみました。
いや、正確にははこうとしてみました。
が、やはり全然無理。
どこがってお尻が入らない!!

私の貯蔵タンクはここだったかっ!

でもまだ産後1週間なので骨盤が広がりぎみ?とか思い、あわててトコちゃんベルトをしめてます。
骨盤よ~、もとに戻れぇぇぇ。

まあ、おそらくしばらくかかりますよね。
トコちゃんベルト、頑張れ☆
これをしているとキュッと小尻になる感じで快適です。
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-20 12:59 | モブログJapan

興奮状態

本日、興奮状態におちいっております。
誰がって?
もちろんいちごねーとゆずねーです。

昨日退院してきた私は、まあ今日くらいはのんびり過ごさせて頂こうということで、夜も昼間もほとんどばあちゃんの家に双子たちを預けて、ベビ太郎(仮)と私は二軒隣に借りている部屋でのんびり夜と午前中を過ごしました。
彼はぐびぐびおっぱいを飲んで三時間半くらいぐっすりを繰り返してくれるので非常に助かります。
おかげで私は夜も授乳時間以外はぐっすり♪ 双子育児を経験しているもので、赤ちゃんひとりでこれだけ寝てくれるなら夜中の授乳も全然気にならない~♪

一方、久しぶりに私が帰ってきたためか、赤ちゃんが来たせいか、ねーちゃんたちは大興奮状態なんです。
いちごねーは完璧に赤ちゃんがえり。ばあちゃんにひたすら「抱っこー! 抱っこー!」ってしがみついてます。コアラちゃんと呼ばれるくらい(笑)
そしてゆずねーはいつもよりさらにドタバタ走り回り、コラッと言われそうなことを進んでしています。

それから昼寝は私と一緒にしようと呼んだのですが、今日は二人ともドタバタしていてぜーんぜん寝る気配なし。
ベビ太郎を沐浴させようと思っていた時間になってしまったので、今日のお昼寝は中止!
いつもは一時間半はぐっすり寝るんですがねぇ。
寝ながら夕飯になりそうで怖いです。

下の子が生まれたら手をあけてでも上の子にかまえ とはよく聞くのでできるだけ実践しようと努力してみていますが、お互いまだこの状況に慣れないものですね。
週末はパパが来るのでなんとかなるとして、週があけたらまたどうなることか。
ドキドキでーす☆
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-19 16:50 | モブログJapan

本日退院

本日の午後、無事に退院できそうです!
私はまだオマタの傷が痛いですが、日がたてばよくなるはず…。
今のところ母乳もよく出そうだし、赤ちゃんもよく飲んで寝てくれるので助かります。
家に帰ったら新米ねーちゃんたちがどんな態度に出るか楽しみ♪

ハンドルネームですが、
いちご姫 → いちごねー
ゆず姫 → ゆずねー
に変更しまーす。
もうねーちゃんだからね!

ベビ太郎のハンドルはまだ考えてないので後程。
大きい写真のせてる方のブログに写真と名前をのせときました。
http://komatomato.blog4.fc2.com/

どうぞこれからも、とまと一家をよろしくお願いいたします☆
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-18 10:06 | モブログJapan

授乳サロン

コメントで、なるさんが授乳サロンってのがあるの? ってことだったのでサロンについて少々。

この病院は母乳育児に非常に力を入れているらしく、助産師さんもたくさんいて指導してくれます。
で、病棟の一角に授乳サロンというきれいな部屋があって、そこに行くとアロマオイルがたいてあったりヒーリングミュージックがかかっていたりして、授乳クッションや足を乗せる台などもたくさん置いてあります。あと助産師さんもちょくちょく来て指導してくれます。
母子同室なのですが、赤ちゃんが泣いたらそのサロンに連れていく人が多いです。
サロンが気に入ってこの病院を選んだという人も多いとか。

でも私はいちいち泣いている赤ちゃんをベッドでガラガラと移動させるのが面倒で、部屋でチャチャッとあげてしまってます。
その方が私には楽なんです!
不明な点を助産師さんに聞けばそれでいいや。
そもそも新生児って毎回ガッツリ飲まないで、ちょっと飲んで寝ちゃう時とか長くあげてもまだまだ飲むよ!って時の差が激しいですよね。ちょっとだけあげるたびにサロンに行くのは大変!
それにあまり人様の前でおっぱい出したくないし(笑)

そういうところが二人目以降の余裕?
手抜きって言わないでぇぇぇ~!

おかげさまで今のところそれほどトラブルなく母乳育児ができそうな雰囲気です。
このまま今回は母乳で育てたいです☆
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-16 16:22 | モブログJapan

初対面

昨日の夕方、子供たちが赤ちゃんに会いに来ました。
まさに初対面です!

最初は「??」という感じの二人でしたが私のお腹を触らせて「ぺったんこになっちゃった(実際はそんなにぺったんこでもないけど~♪) 赤ちゃんどこいった?」と聞いたらゆず姫は元気に赤ちゃんが寝ているベッドに走って行って縁に手をかけて背伸びをしてのぞきこんでました。
いちご姫は近くに行って怖々見ていて、それぞれの反応が個性的でほほえましかったです。

赤ちゃんは、長いこと寝ている時と、おっぱい飲んでもなかなか寝ずにキョロキョロしている時との差が激しく、まだまだリズムがつかめない感じです。

あと、オムツがえ中のおしっこ飛ばしにすでに二回あいました。
男の子だとそうだよ~と聞いていただけに「おぅっ! 飛ばされたっ!」とちょっと感激(笑)
でも毎回夜中にするのはやめておくれ。
そして授乳サロンに着替えさせに行くと毎回お着替え待ちの人がいっぱいいてびっくり。みんな夜になるとおしっこ飛ばされるのかな(笑)
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-15 10:16 | モブログJapan

出産

夜中の3時すぎに無事男児出産!
思っていたより速かったみたいです。
38週4日で2944g、50cm。
立派だ!

私はお尻が猛烈痛いでーす
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-13 16:53 | モブログJapan

入院

お腹の張りが10分間隔になったので入院しました!
まだ先は長いと思いますが頑張りますっ。
[PR]
by toma-nasu | 2009-06-12 18:35 | モブログJapan