パン焼きとまと with twins

tomanasu.exblog.jp
ブログトップ

2009年 03月 30日 ( 1 )

産み方に「ええっ?!」

相変わらず安静第一の毎日を過ごしております。
今週は友達が遊びに来てくれるのでかなりワクワク♪
いい気分転換になりそうです。

さて、先日入院して退院するときに衝撃的なことを聞いてしまいました。
前回の出産は双子で逆子だったことや緊急だったので有無を言わさず帝王切開でした。
それは覚悟していたのであまり衝撃的ではなかったのですが…。
今回の出産は前回から2年弱しかたってないし、奈良の病院でも今回も当然帝王切開でしょうというムードだったので、私はすっかり帝王切開のつもりでいました。

しかーし!
東京でかかっている病院(都内でもかなり大きくて小児科施設もしっかりしているとこです)の方針では帝王切開ではなく普通に分娩なんだそうです。
それでもどうしてもと希望すれば帝王切開してくれるのかと思いきや、それなら帝王切開してくれる他院に紹介してくれて転院となるとのこと。
ムムム! 聞いてないよ~(-"-;)

そもそもなぜ帝王切開希望かというと、初診の先生が「前回帝王切開した人も普通に生むことが可能です。6割程度の人は普通に生めます」というような表現をしたのです。したがって希望すれば帝王切開も可能と思いこんでいました。
6割ってビミョーじゃないですか?
それって残りの4割はチャレンジしても緊急帝王切開に移行になるということ。
4割ってかなり多く感じる!
しかも緊急帝王切開に移行するパターンは前回の傷が薄くなってかなり私自身がヤバい状態を意味する…。
→→→ 最初から帝王切開した方がはるかに安全に感じる!!(子供たちを残して私だけ死ねましぇーーーん)
という流れがあったのです。
私の中では帝王切開の決心ができていたので、今回の分娩方法の選択の余地がないことはかなり衝撃的でした。


先生の説明では今のところどちらが正解というのはないので、こればかりは病院の方針次第とのこと。
やっぱり帝王切開は産後がきついので上に二人の子供がいるからあまりオススメではないらしいです。
普通分娩の方がはるかに予後がいいらしい。(経験ないのでわかりませんが)
う~~む、あえて他院に転院するほどのこともないし…、恐ろしいけれど普通に分娩するしかないなぁ。

でも正直な気持ちで言うと、皆さんなんとか苦労しながらも生んでいるので陣痛や出産自体・産後のつらさなどはきっとなんとかなるはず!と思えるのですが、単純に緊急で帝王切開に移行するバタバタが怖いんです!!

ちなみに子宮口を縛る手術をしたのですが、その糸は35週で抜くらしいです。(1泊2日入院)
抜いたらそのまま出産になるケースもあるらしいですが、かかっている病院では35週までもてば普通に自分の退院時に赤ちゃんも一緒に退院できるそうです。
へぇ~~。

現在27週。
とりあえず、第一の目標は28週だったのですが、なんとか持ちこたえられそうなので次の目標を30週に定めます!
近い未来しか読めないので、ちょっとずつ時間をかせいで、30週超えたら32週、34週、35週と目標をのばしていこうと思います。
少なくとも双子たちを出産してしまった30週は最低ラインだと思ってそれまではもたせたい!!
そして願わくば自宅安静でいられる期間が長いとうれしいなぁ。子供たちのためには何もできなくても夜や昼寝の時だけでもそばにいられるのがいいと感じる今日この頃なのです。

…安静に努めます。。。
(現在は散歩さえしてません! 子供たちと軽く遊ぶくらい。ずばり自宅軟禁状態です(笑))
[PR]
by toma-nasu | 2009-03-30 22:14 | モブログJapan