パン焼きとまと with twins

tomanasu.exblog.jp
ブログトップ

入院中の話 ゆず姫編

さて、入院中の話、再び。
いちご姫は外来を受診してそのまま入院になってしまったので、お留守番していたゆず姫はなが~~い留守番になってしまいました。
ちょうどばぁばに来てもらっている時だったのでそのままロング滞在してもらうことに。
もし来ていない時だったらもう、ゆず姫も一緒に病院で生活してパパに仕事帰りに迎えに来てもらうしかありませんでしたね。
でも病院っていろんな病気の人が入院しているからそれは避けたい…。
できるだけ家で待っていてもらうことになりました。

でも、私自身がシャワーを浴びたいし、ゆず姫のお風呂もパパが帰ってきてからだと遅くなってしまうので私が早いうちに入れなきゃ! ゆず姫の夕食も用意しなきゃ!!ということで、ばぁばにお昼ごはんをあげてもらった後にゆず姫とばぁばが一緒に病院に来て、私と交代してまた帰り、お風呂に入れて夕飯の準備をして私とゆず姫はまた病院に行き、ばぁばと交代…という日々を送っていました。
要するにゆず姫は病院への往復を一日2回していたわけです。
お疲れさん(笑)


普段、いつでもご機嫌のゆず姫なのですが今回ばかりはいつもいるいちご姫がいないのでぐずる時間が多くなってしまいました。
唇を突き出して「つまんないよ~。」という表情もするようになりました。
いつも子供たちを子供部屋に置いて家事をしていても静かに遊んでいるので病院から帰ったらまず私がシャワーを浴びる間に子供部屋にゆず姫を置いておいたのですが、出てきたらゆず姫が大泣きしてしまって、抱っこしても全然泣き止まなくて「どうしたのよ~~」ということになったこともありました。
やっぱりゆず姫もいちご姫がいるからいつでもご機嫌だったということのようです。

双子ってお腹の中からずーーっと一緒なので二人でいるのが安心するのでしょうね。
今回、あらためて感じました。
幼稚園に行くくらいになったら一人一人で行動できるようにならないとね。
それまでは二人でいつも一緒に仲良く遊んでくれれば嬉しいです☆




[PR]
by toma-nasu | 2008-07-09 10:13 | 双子姫 育児記録