「ほっ」と。キャンペーン

パン焼きとまと with twins

tomanasu.exblog.jp
ブログトップ

お話し会でムッ!

今日も近所の図書館のお話し会だったので子供たち3人ををつれて行って来ました。
2歳を二人と赤ちゃんを連れて行くというのは非常に気を使います。
ゆずねーといちごねーはだいぶ聞いていられるようになりましたが、はまだジーーッと黙って聞き入ることができずにモゾモゾしたり、大きい声で登場する動物の名前を言ったり急に立ち上がったりするのでそれらを制御しつつ、耳元でお話に夢中になれるように「あ、象がでてきた!」とか「イチゴ、おいしそうね」などとささやいたり。そして同時にベビ太郎を静かにさせておかなくてはならないので抱っこしてあやしています。
それでも私以外の人が絵本を読んでくれるという機会を大切にしてあげたいと思って毎週頑張って連れて行っています。

しかーーーーーし。

毎回、結構ムッとすることがあります。
親一人、子供一人を連れて来ている人。
それなのに子供がフラフラと歩き回ってもニコニコして見ているだけ。
途中から遅れて入ってくるのにノロノロと靴を脱いでゆったり移動する人(絵本と絵本の合間にしか入れません。途中から入る人がちゃんと席についてから次の話が始まります。)
お話の途中なのに親同士でおしゃべりしあう人。

一体何のために来ているの??
特にわが子たちのまわりで子供がチョロチョロしているのに笑ってみている人に一番腹が立ちます。
何でひざに座らせないの? そのひざあいているでしょ?
しかも何で微笑んでいるの??
ほんっと、勘違いもはなはだしいと思います。

確かに今行っているのは0歳から3歳くらいまでのお話し会なので、赤ちゃんは途中で飽きてしまうのはしょうがない。
でもせめてお母さんのひざの上で聞かせる努力はしてほしい。
ましてや聞こうとしている人の邪魔をしているのに微笑んでみていないでほしい。

…でもこういうのってなかなか言えません。
思い切って「皆、ちゃんと聞かせるように親が工夫&努力しろっ!!」と怒鳴りたい。。。


ちなみに今日は部屋から出て、本を借りようとしていたらよその子供が思いっきり消火器をいじって遊んでいたのでさすがに「危ないからダメだよ」って注意しました。
で、お母さんをキョロキョロとさがしたけれど、見当たらない。
その子が走っていった先を見たら、お母さん同士で話し込んでいました。
さすがに「消火器を触っていて危なかったですよ。」と言いましたが「あら、そうですか。」って子供の頭をナデナデ。
あーーーーん、ほんと、分かってないよ~~、君ぃ~~~!




[PR]
by toma-nasu | 2009-12-02 14:56 | 双子姫 育児記録