パン焼きとまと with twins

tomanasu.exblog.jp
ブログトップ

読み聞かせの会

近所の図書館(徒歩圏内)にて毎週読み聞かせとわらべ歌の会が開かれているので、浜松に来てから欠かさず参加しております。
でもなにしろ3人の子連れで読み聞かせの会に参加するのはとにかく大変。
おねーちゃんずがおとなしくジーーッとしていてくれればいいのですが、まだまだ回りがワサワサしていると気になってしまうわけで、それらを制御しつつベビ太郎のご機嫌を保つのはやっぱり大変です。
0歳から3歳までの会なので、さすがにまわりに子供を3人連れたお母さんは皆無です。
おそらく3人いても上の子達は幼稚園なり小学校なりに行っているのでしょうね。ガウガウ。
今までで焦ったのははじまる3分前くらいにベビ太郎が大音量でウンチしたこと!
こっそりオムツがえしました(笑)
あと、お話しを聞いている最中に何故か子供たちがけんかして(!!)いちごねーが大泣きしはじめたのも焦った~~。しかもさすがの2歳児。「エーーン」と大きな声だけだしていて涙なんて出てないし(困)
必死に抱っこしてなだめました。


子供たちは非常~に楽しそうにしています。
特にわらべ歌は同じ月では5曲くらい同じ曲を毎回するので1回覚えれば次の会から「知ってる、知ってる」ってなるのでなんか楽しいようです。
家でもよく歌って遊んでいます。

そして浜松に来て、「図書館」というものを知った子供たち。
毎回あれこれ自分たちの読みたい本を選んできて借りていきます。
子供たちがどんどん持ってくる絵本の中からあまり赤ちゃん向きでなく、文字が多すぎないのをササッと選んで借ります。これもまた大変な作業です。なにしろどんどん持ってくるので、私のチェックでダメな本をもとの場所にかえすのも一苦労。
でもちゃんと選んで借りているのでお昼寝の前に1~2冊毎日読むと、二人とも一生懸命に聞いています。
長すぎるお話は先に私が目を通してある程度要約しながら読んであげています。
文字が多すぎると飽きちゃうので。
そしてすでに読んだ本は自分たちで眺めて「こんなお話だよね~」と話し合っていたり。
私自身、本が大好きなので子供たちも本に親しんでくれるといいなと思っております。





以下↓ ↓ 2歳児にオススメの本でーす☆
というか、うちの子供たちが楽しんで聞いていて気に入った様子だった本です。

アンガスとあひる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

マージョリー・フラック / 福音館書店



そらまめくんのベッド(こどものとも絵本)

なかや みわ / 福音館書店



スモールさんはおとうさん

ロイス レンスキー / 童話館出版



おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)

林 明子 / 福音館書店



ぼくにげちゃうよ

マーガレット・ワイズ・ブラウン / ほるぷ出版


[PR]
by toma-nasu | 2009-09-11 14:49 | 双子姫 育児記録